貴船神社

  1. ホーム
  2. MUSIC
  3. Skyhigh Nekochan

CONCEPT

空飛ぶネコチャン、疾走感any%
Bayside Nekochanみたいに「楽しさ100%とにかく空高く駆け抜けろ!」という
Nekochanシリーズの権化のような曲に仕上げた。

MUSIC

相生あおは · Skyhigh Nekochan

JACKET

Skyhigh Nekochan
artwork: umr

DETAIL

イントロ (コード)元はというとDTM講習会の指導で使う予定の進行だった。
「晴れ渡る空を駆け抜ける爽快な曲を作りたい」といわれたので
そういうコードをG majorで作り準備しておいたけど結局自分が使うことに。ラッキー。
作曲が初めての人に使う予定の進行だったため変な小細工はしていない。
イントロ (旋律)コードを頭の中で転がしていたら降ってきたピアノの暴走を
Nekochanシリーズらしくそのまま置いた。
Aメロ手癖で作ったが、思い返すとMaiden Nekochanと調まで同一なことに今気づいた。
ただ半音で下がる進行がこの頃アツかったので、それを組み込んだ。
二週繰り返すが、疾走感を全面に出すためシンプルなものにした。
旋律に関してもコードに合うように辻褄を合わせただけ。
一週目は旋律を聞かせ、二週目はピアノ暴走を聞かせるイメージ。
Bメロ一旦休止させるイメージ。まるで飛行機の窓から夕暮れが見えるイメージ。
すなわち活動的なコードをここに配置するのは誤りなので、
IIIm→IVを往復するのを基本にして構築した。
最初は音価を長くしリズム隊を鎮静化させ、後半部はサビに続くため徐々に活発にし、
曲の自然な展開と緩急を意識した。
サビさんざん使いまわされてる進行に分数augを組み込んだ進行にし、
旋律はAメロと同じものにし曲の統一感を意識した。
同一旋律でもコードを変えると、統一感が出せて意外と良いのかもしれない。
同一パートを二週繰り返すが、今までの部分と同様、
前半と後半で旋律とピアノ暴走をそれぞれ聞かせた。
そのまま突っ走っていきジャーンと終了。アウトロなんてものはない。
フィルターを掛けてシュっと終わらせるのが最近気に入っている。

STORY

この時、というかこの年の春のパッケージの時に作曲人員の不足が顕在化してたんです。とんえぼ創作班の裏話になっちゃうんですけど。
当時とりまとめしてた某氏が「今パッケージ(2020春パッケ)が作れたのは幸運だった」とか言ってたんですよ。
ただ自分自身、このとんえぼ創作班に創作活動という面で本当に支えられて今があるので、
恩返しがしたい的な感じで何かしたいなと思ったわけです。
作曲力、質は分からんけど曲数を錬成したり指導するのだけは以前から自信あったので、
思い立ったが吉日、今ここで自分が講習会的なことをしないと創作班は人員不足で潰れると確信したので講習会をやったんです。
口先だけでなく行動で示せ。

参加希望者を募ったら6人が釣れたんです。
おおよそ想像通りの人数だったんで、こちらで準備してた作曲経験者の直下に彼らを配置し
マンツーマン指導を各々したんです。言い出しっぺということもあり人数的に私だけは2人を受け持ったんですが、
定期的に全員の進捗を確認して状況把握して適宜助け舟を出したり。
Discordの画面共有でお互い都合のいい時間に指導したんですね。
事前の綿密な調査と立案、念入りなサポートの甲斐あってか、
なんと全員が自立してくれたんですね。みんな本当に頑張ったと思います。
とんえぼパッケージを追ってくださっている方なら分かると思うんですが、
この学祭パッケージに何人もNewComerたちがいると思いますが、それはこの講習会で初めて曲を作った子たちです。
一部のNewComerたちは最初から強者だったので、その子たちには自由気ままに作曲させた、と直上曰く。
とりあえず各々の作曲意欲に火がついてくれて本当によかったです。

ああ、完全にとんえぼ創作班の裏話になってましたね。この曲はその過程で生まれたんですよ。
DETAIL節にも書いたんですが、もともとイントロで使った進行は指導で使い、
この進行をもとに旋律を組んで一曲を作る予定だったんですが、
受け持ってた1人目の子が「メロディ閃いたんでこれを基に一曲作りたいんです」と言ってきて。
それは良い意味で想定外で、なら準備してた進行は自分の曲に使おうということで生まれたのがこの曲です。
せっかくなら、楽しさ100%の繋がりでBayside Nekochanの続編的な曲を目指そうとしたんです。
んで気づいたら出来上がってました。この時は自分の曲より講習会参加者の曲のことを考えていたので、
己の曲に関してはそれほど何も考えていませんでした。曲は気づいたらなんか出来上がってるもの。

ちなみに講習会ですが、一回でやめようとしたら嬉しいことに随所から好評と二回目開催希望の声を多く頂いちゃったので
就活が心配だったんですが別にいいかってことで、ご要望にお応えということで二回目の講習会も開催しました。
時系列的にはこの曲の半年後ですが、合計10人くらいの人が結果として創作班に加わってくれました。本当にありがとう。
去年の同じ頃には存続の危機とかだったのに、いまや内部曲が多くて譜面精査が大変という嬉しい悲鳴状態。
ジャケットは私のツテで学友会写真部さんなどに協力いただけ、新たなサークル間交流が生まれたのはいいけど譜面はどうしても自前。
譜面難易度精査は我々のパッケージで大切にしていることの一つなのでそれをしないのは嫌だし、
負担をどうしようかと頭を悩ましていたりします。
我々部員個々人のツテで提供してくださる外部曲も、本当は収録したいので。
いつかホンマに30曲収録行くんちゃうか、いや軽く数えたら行きました。
以上、我々が表向きでは何気な~く出しているパッケージ制作秘話の一部でした。あれ、Skyhigh Nekochanの話はいずこへ…?
これからもとんえぼパッケージをどうぞよろしくお願いいたします。

ABOUT

仙台市に生息するねこ。
曲と旅、猫とPC、甘い物と生ハム、天体観測とマイクラが好き。

本サイト・サーバの設定管理運営の全ては相生あおはが行っております。

CONTACT

Mailcontact
ツイッタ@semicolon_muses(音楽垢)
ツイッタ@semicolon0103(雑多垢)

LINK

東北大学マイコンプロシージャ
東北大学マイコンプロシージャ
現役時代は部長をしていました。ゲーム制作サークルです。
東北大学音ゲーサークルとんえぼ
東北大学音ゲーサークル とんえぼ
私が創作班で曲と譜面(KSM)を担当している音ゲーサークルです。
D10RAMA (ジオラマ)
D10RAMA (ジオラマ)
私がBGM(音響)を担当しているビジュアルノベル制作サークルです。